バイナリーオプション海外業者

bitcastle(ビットキャッスル)とは?評判や業者の特徴をご紹介

bitcastle(ビットキャッスル)の評判や特徴を紹介

bitcastle(ビットキャッスル)は、取引手数料0%やオフラインで95%の資産を管理するコールドウォレット管理など取引コスト及びセキュリティ面に魅力のある仮想通貨取引所です。

そんなbitcastleが2022年8月にバイナリーオプションサービスを開始しました。

そこでこの記事では、bitcastleのサービス内容及び評判や口コミについて詳しく解説します。

白川
白川
仮想通貨市場は拡大しているので「仮想通貨✕バイナリー」は今後のトレンドになるかもしれませんよ!

bitcastle(ビットキャッスル)とはどんな業者?

bitcastle(ビットキャッスル)

冒頭でもお話ししたとおり、bitcastleは仮想通貨取引所として設立され、2022年8月にバイナリーオプションサービスがスタートしました。

そんなbitcastleとはどんな業者なのか、概要情報についてまとめました。

運営会社 bitcastle LLC
公式URL https://bitcastle.io/ja
最高取引額 500USDT(※1USDT=1.00ドル相当)
最低取引額 10USDT
最小ペイアウト倍率 1.80倍
最大ペイアウト倍率 2.10倍
最低入金額 10USDT(※)
入金方法 クレジットカード入金(※VISA/Master)
ビットコイン
イーサリアム
取引オプション High&Low
High&Low spread
Lightning
Lightning spread
取引プラットフォーム デスクトップWEBブラウザ
モバイルWEBブラウザ

(※)実際には最低入金額というものは存在しません。あくまで最低取引額が10USDTなので、この金額で取引するために必要な入金額を明記しています。

bitcastle(ビットキャッスル)の特徴

bitcastleの特徴

続いては、bitcastleの特徴をご紹介します。

白川
白川
それぞれ詳しく見ていきましょう!

日本円が使えない

bitcastleで利用できる通貨は暗号資産の「USDT」と「BCAST」の2つのみとなっています。

そのため、日本円で入金することはできません。出金も同様です。

bitcastleで出金する場合、お持ちの通貨をBTCやETH、USDTに変換して、他の取引所(法定通貨による出金が可能な取引所)へ送金し、そこで法定通貨へ変換してから法定通貨として出金することができます。

白川
白川
二度手間になるのでかなり面倒ですね!

取引できる銘柄は全16種類

bitcastleのバイナリーオプションで取引できる銘柄は、通貨ペアが10種類、暗号資産が5種類、金属が1種類の合計16種類となっています。

詳しくは以下の通りです。

通貨ペア ユーロ/米ドル
米ドル/日本円
英ポンド/米ドル
米ドル/スイスフラン
オーストラリアドル/米ドル
米ドル/CAD
ニュージーランドドル/米ドル
ユーロ/英ポンド
ユーロ/日本円
ユーロ/スイスフラン

暗号資産 BTC/米ドル
ETH/米ドル
BCH/米ドル
XRP/米ドル
LTC/米ドル

金属 XAU/米ドル

新しいサービスの割には取り扱い銘柄は多いですが、ハイローオーストラリアやザオプションといった大手のバイナリーオプションサービスと比べるとやはり少ないです。

実際、ハイローオーストラリアは通貨ペアだけで17種類、ザオプションは15種類と多いです。

利用できる取引銘柄の数が多いと取引の選択肢が広がるので、銘柄数は多いに越したことはありません。

白川
白川
今後に期待といったところです!

bitcastleの取引オプションについて

bitcastleには以下の4つの取引オプションがあります。

白川
白川
それぞれ簡単にご紹介します!

HIGH&LOW

HIGH&LOWは規定時間後に価格が上がるか下がるかを予想する最も基本的な取引方法です。

以下の5つの判定時間の中から自由に選択し、時間経過後に予想が当たっていれば利益を獲得できます。

  • 15分
  • 30分
  • 1時間
  • 4時間
  • 24時間

HIGH&LOW Spread

HIGH&LOW Spreadでは、取引所が提示している価格を上回るか下回るかを予想して利益を狙います。

例えば、金額が「110円」と提示されていた場合、その金額を上回るか下回るかしないと利益になりません。

その分ペイアウト率が優遇されており、利益が大きくなるメリットがあります。

Lightning

「Lightning」は判定時間が5秒という、仮想通貨業界のバイナリーオプションでは世界一の速さで判定が出る取引です。

白川
白川
まさに「Lightning(稲妻)」のような速さですね!

通常は時間枠が設けられ、ベットできるタイミングに締め切りがありますが、Lightningにはそれもありません。

最大のスパンは5分で、その間に何度も取引をすることができます。

Lightning Spread

この取引方法は、Lightningにスプレッドが付いたタイプです。

HIGH&LOW Spreadと同様、提示価格を上回るか下回る必要があるのでペイアウト率は優遇されています。

bitcastleのペイアウト率の仕組み

bitcastleでは、「BCAST」という独自トークンを所有することでバイナリーオプションのペイアウト率が変化します。

BCASTの保有量によって以下の4つのランクがあり、それぞれペイアウトの上昇率が異なります。

ランク 条件 ペイアウト率上昇率
キング BCASTを300,000以上保有することでキングに ペイアウト率は2.1倍まで上昇
デューク BCASTを100,000以上保有することでデュークに ペイアウト率は2.0倍まで上昇
ナイト BCASTを50,000以上保有することでナイトに ペイアウト率は1.9倍まで上昇
コモナー BCASTが49,999以下の枚数だとコモナーに ペイアウト率はデフォルトの1.8倍

また、BCASTを消費すればペイアウト率をさらに上げることができます。

bitcastleの口コミ・評判

bitcastleの口コミ

bitcastleの口コミ・評判をまとめましたのでご紹介します。

bitcastleでは定期的にキャンペーンが実施されていますが、非常にお得と人気のようです。

公式サイトは日本語対応していますし、視覚的にも操作がしやすいため、登録作業も

bitcastleでは問題なく出金できるようですが、出金完了までに3、4日かかるようです。出金する際には、時間に余裕をもって行うといいでしょう。

まとめ

bitcastleについて解説しましたが、いかがだったでしょうか?

bitcastleは世界最速の仮想通貨バイナリーオプションができるということで注目を集めている海外バイナリーオプション業者のようです。

まだまだ認知度が低く情報も少ないですが、他の業者とは異なるストロングポイントがある業者だと言えます。

ただ、「最速取引」という点以外はサービス内容も平凡ですし、特に目立った特徴もないため、わざわざ好んで利用する必要は正直ないでしょう。

業者選びは慎重に・・・

「バイナリーオプションを始めたいけど、どの業者を選べばいいのか分からない…」

こんな方、いませんか?

バイナリーオプションでは、業者選びを間違えるとまともに稼げずバイナリーの世界から強制退場…なんてことも十分ありえます。厳しいですがこれが現実です。

そこで、わたくし白川がこれまで培ってきた経験を活かし、最強のバイナリーオプション業者を厳選しました!!

日本人トレーダーに最も人気のバイナリーオプション業者をランキング形式でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

また、わたくし白川が個人的におすすめしたいのが「ハイローオーストラリア」です。

何を隠そう、私がこれまで上げてきた利益のほとんどがこのハイローオーストラリアで稼いだものなのです!
ステマでもなんでもなく、このハイローオーストラリアは、数あるバイナリー業者の中でも日本人トレーダー人気No.1を誇ります。

業者選びに迷ったら、ハイローオーストラリアを選んでおけばまず間違いありませんよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です