SIM

【楽天モバイルからMNP】乗り換え先おすすめ格安SIMランキング

楽天モバイルからの乗り換え先を探している方に、目的に合った完璧な格安SIMをおすすめします。楽天モバイルの回線を主に「サブ回線」として使っていた方を対象としています。

現在日本で30社を超えるほどに増えた格安SIM会社を、下記の基準で厳選しました。

  • データ通信を重視
  • 回線・通話料を重視
  • 最安維持を重視
  • esimや5Gなどを重視

乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

目的別おすすめ格安SIMランキング

楽天モバイルの乗り換え先のおすすめランキングをまとめました。早見表で、目的別のおすすめ格安SIMを確認できます。

目的別のおすすめ乗り換え先早見表

下記から目的別の乗り換え先おすすめランキングを紹介していきます。各ジャンル3社を厳選していますよ。

【総合】おすすめ格安sim3選

データ通信と通話、回線種類やギガの共有・シェア、使い勝手の良さ、料金などを総合しておすすめできる、バランスの取れた格安SIMのランキングです。

NUROモバイル【回線3種が選べる】

NUROモバイル【回線3種が選べる】

おすすめ1位はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する大手格安SIMブランド「NUROモバイル」。月額料金とギガ数のバランスが取れているコスパの高いSIMで、docomo/au/softbankから選べるのでサブ回線としては最適です。

楽天モバイルからの乗り換え先「NUROモバイル」の総合イチオシプランはコレです。

バリュープラス「VSプラン」
月額料金 792円
使えるギガ数
(通信データ容量)
3GB
回線種類 docomo/au/softbank
かけ放題オプション 5分/490円・10分/880円
くりこし 1ヶ月
便利機能 パケットギフトで容量シェア可能

NUROモバイルキャンペーン情報

  • バリュープラス乗り換えで事務手数料無料
  • NEOプラン乗り換えで15000円キャッシュバック
  • NURO 光またはSo-net光と・NUROモバイルセット加入でスマホ料金1年間0円

終了日:未定

コメント・質問する記者

維持費も楽モバ以下、回線も3種類全部選べる、オプションサービスも豊富で使い勝手最強っす。

OCNモバイル【シェアSIMが便利】

OCNモバイル【シェアSIMが便利】

おすすめ2位はNTTコミュニケーションズが提供する大手格安SIMブランド「OCNモバイル」。安定性の高いNTT系列の回線に加えて安さで定評があるSIMです。サービス機能も豊富でOCNの光回線とのセットなら更に安く運用でき、最強クラスのSIMです。

楽天モバイルからの乗り換え先「OCNモバイル」の総合イチオシプランはコレです。

新コース
月額料金 990円
使えるギガ数
(通信データ容量)
3GB
回線種類 docomo
かけ放題オプション 10分/880円・無制限/1300円
くりこし 1ヶ月
便利機能 容量シェア可能(1プランに複数SIM)
光回線セット割引 220円引き

OCNモバイルキャンペーン情報

  • 下取りでスマホ購入15000円引きクーポン

終了日:未定

コメント・質問する記者

格安SIMのdocomo回線では安定性ナンバーワンのOCNモバイル。光回線とのセットで更に割引があるから、使い方次第では異常な安さになるっす。

Povo【年間500円で維持可能】

Povo【年間500円で維持可能】

おすすめ3位はKDDI株式会社が提供する大手格安SIMブランド「Povo」。楽天モバイル0円廃止の現状では維持費最強のSIMで、利用状況を最適化しやすくサブ回線として最も人気となっています。

楽天モバイルからの乗り換え先「Povo」の総合イチオシプランはコレです。

オンライン専用プラン「Povo2.0」
月額料金 0円
使えるギガ数
(通信データ容量)
基本0GB
回線種類 au
かけ放題オプション 5分/550円・無制限/1650円
くりこし なし
便利機能 esimあり

Povo2.0キャンペーン情報

  • 期間限定トッピング「1GB/30日間/499円(2022/7/1~7/20)」「7GB/7日間/777円(提供予定)」追加
  • お友達紹介プログラムで「3GB/30日間」「データ使い放題サービスプロモコード」プレゼント(最大10人まで)
  • #ギガ活のプロモコード抽選プレゼント企画実施中(2022/6/22~9/30)
コメント・質問する記者

維持費は年間440円。回線維持しておきたいだけならPovoが最強っす。ギガのトッピングが使いにくいのだけがマイナスポイントっすね。

【データ通信重視】おすすめ格安sim3選

データ通信のコスパが良いものやプランの融通が効く格安SIMのランキングです。

エキサイトモバイル【3GB/880円】

エキサイトモバイル【3GB/880円】

おすすめ1位はエキサイト株式会社が提供する格安SIMブランド「エキサイトモバイル」。定額制と従量制のプランが安く利用できるSIMで、docomo/au回線が利用可能。ギガの共有もできます。

楽天モバイルからの乗り換え先「エキサイトモバイル」のデータ重視イチオシプランはコレです。

「Fit」段階料金プラン
月額料金 495円~3245円
使えるギガ数
(通信データ容量)
0GB~25GB
回線種類 docomo/au
くりこし なし
便利機能 容量シェア可能(1プランに複数SIM)

エキサイトモバイルキャンペーン情報

  • 対象端末購入で10000円のデジタルギフト券プレゼント
  • 新規申込みで3ヶ月間3GB無料キャンペーン(880円~1210円割引)

終了日:未定

コメント・質問する記者

おすすめはFitプランっす。全く使わなければ月額500円以下になるのが強いっすね!ギガを補うサブ回線として優秀っす。

OCNモバイル【3GB/900円】

OCNモバイル【3GB/900円】

おすすめ2位はNTTコミュニケーションズが提供する大手格安SIMブランド「OCNモバイル」。定額ギガプランのコスパが最強クラスのSIMです。複数SIMでのデータ容量シェアや使い勝手の良いかけ放題などの拡張性のあるサービスも人気です。

楽天モバイルからの乗り換え先「OCNモバイル」のデータ重視イチオシプランはコレです。

新コース
月額料金 770円
使えるギガ数
(通信データ容量)
1GB
回線種類 docomo
くりこし 1ヶ月
便利機能 容量シェア可能(1プランに複数SIM)
光回線セット割引 220円引き

OCNモバイルキャンペーン情報

  • 下取りでスマホ購入15000円引きクーポン

終了日:未定

コメント・質問する記者

OCN光回線とのセットならセット割で1GB/550円、3GB/770円まで安くできるのが評価高いっす。シェアSIM機能、使いやすいかけ放題、無料通話10分の格安プランと、かゆいところに手が届く充実サービスもありがたいっす!

LIBMO【3GB/980円】

LIBMO【3GB/980円】

おすすめ3位は株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMブランド「LIBMO」。データ容量のコスパが非常に良いSIMで、大容量プランのギガのコスパは最強クラスです。

楽天モバイルからの乗り換え先「LIBMO」のデータ重視イチオシプランはコレです。

なっとくプラン
月額料金 980円
使えるギガ数
(通信データ容量)
3GB
回線種類 docomo
くりこし 1ヶ月
便利機能 スマート留守電(留守電メッセージをメールなどで受け取れる)
光回線セット割引 220円引き

LIBMOキャンペーン情報

  • なっとくプラン(20GB~)の申込みで10000円~12000円相当のポイントをプレゼント
  • なっとくプラン(3GB~)の新規申し込み+TLC会員で5000円相当のポイントプレゼント(特定のキャンペーンと併用可、2022/7/15まで)
コメント・質問する記者

ギガのコスパが良くてオプション料金も控えめなので、サブ回線もまぁまぁ使う人に最適っす。大容量必要になってもコスパ良く対応できるのは嬉しいっす!

【通話重視】おすすめ格安sim3選

かけ放題のコスパの良いものや回線の種類を考慮して厳選した格安SIMのランキングです。

HISモバイル【790円/5分かけ放題/docomo回線】

HISモバイル【790円/5分かけ放題/docomo回線】

おすすめ1位はH.I.S.Mobile株式会社が提供する格安SIMブランド「HISモバイル」。290円から利用可能で5分かけ放題付けても790円のSIMで、9円/30秒の通話料も格安simでは最安クラスです。

楽天モバイルからの乗り換え先「HISモバイル」の通話重視イチオシプランはコレです。

自由自在290プラン
月額料金 290円~550円
使えるギガ数
(通信データ容量)
1GB
回線種類 docomo
かけ放題オプション 5分/500円・無制限/1480円
くりこし なし
通話料 9円/30秒

HISモバイルキャンペーン情報

  • 電話番号くじで最大5万円抽選プレゼント(2022/7/31まで)
  • 複数回線契約でキャッシュバック最大8250円(5回線)(2022/7/31まで)
  • 新規契約でオンライン「世界一周ツアー」無料招待(先着1000名)
  • 契約者限定「HISモバイル Wi-Fi」レンタルサービス20%オフ(期限未定)
  • 「ジャパンプラスWi-Fi」「HISモバイル」同時契約で3300円キャッシュバック(期限未定)
  • 指定インターネット回線と同時契約で半年分キャッシュバック+回線乗り換え費用提供(期限未定)
  • 国内旅行+ホテル予約で使える2000円引きクーポン特典(2022/10/31まで)
  • iPhone修理のアイサポで修理代金最大10%割引(期限未定)
コメント・質問する記者

100MBまでなら290円。5分かけ放題付けても790円は安すぎっす。「1GB+5分かけ放題が最大1050円」は大手キャリアを超すコスパっす!

Povo【550円/5分かけ放題/au回線】

Povo【550円/5分かけ放題/au回線】

おすすめ2位はKDDI株式会社が提供する大手格安SIMブランド「Povo」。かけ放題料金だけ使い方にピッタリのSIMで、必要に応じてデータも使えるので便利さ最強クラスです。

楽天モバイルからの乗り換え先「Povo」の通話重視イチオシプランはコレです。

オンライン専用プラン「Povo2.0」
月額料金 0円
使えるギガ数
(通信データ容量)
基本0GB
回線種類 au
かけ放題オプション 5分/550円・無制限/1650円
くりこし なし
通話料 22円/30秒

Povo2.0キャンペーン情報

  • 期間限定トッピング「1GB/30日間/499円(2022/7/1~7/20)」「7GB/7日間/777円(提供予定)」追加
  • お友達紹介プログラムで「3GB/30日間」「データ使い放題サービスプロモコード」プレゼント(最大10人まで)
  • #ギガ活のプロモコード抽選プレゼント企画実施中(2022/6/22~9/30)
コメント・質問する記者

かけ放題トッピングは5分と無制限があるっす。使わない月は外しておくこともできるから利便性が高いっす!

NUROモバイル【1282円/5分かけ放題/回線3種】

NUROモバイル【1282円/5分かけ放題/回線3種】

おすすめ3位はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する大手格安SIMブランド「NUROモバイル」。回線が3種から選べてかけ放題も安いSIMで、サブの通話回線として優秀です。

楽天モバイルからの乗り換え先「NUROモバイル」の通話重視イチオシプランはコレです。

バリュープラス「VSプラン」
月額料金 792円
使えるギガ数
(通信データ容量)
3GB
回線種類 docomo/au/softbank
かけ放題オプション 5分/490円・10分/880円
くりこし 1ヶ月
通話料 11円/30秒

NUROモバイルキャンペーン情報

  • バリュープラス乗り換えで事務手数料無料
  • NEOプラン乗り換えで15000円キャッシュバック
  • NURO 光またはSo-net光と・NUROモバイルセット加入でスマホ料金1年間0円

終了日:未定

コメント・質問する記者

メインがドコモ回線ならサブはソフトバンク回線。NUROモバイルなら3種類の回線が選べるので強いっす。最近は通信障害が増えてるからマジで重要っす!

【安く維持できる】おすすめ格安sim3選

とにかく維持費が安く収まる格安SIMのランキングです。

Povo【年間500円で維持可能】

Povo【年間500円で維持可能】

おすすめ1位はKDDI株式会社が提供する大手格安SIMブランド「Povo」。基本0円で維持できるSIMで、180日(約6ヶ月)ごとにトッピングを購入すれば消されません。

楽天モバイルからの乗り換え先「Povo」の維持重視イチオシプランはコレです。

オンライン専用プラン「Povo2.0」
月額料金 0円
使えるギガ数
(通信データ容量)
基本0GB
くりこし なし
維持条件 前回購入から180日以内にトッピング購入

Povo2.0キャンペーン情報

  • 期間限定トッピング「1GB/30日間/499円(2022/7/1~7/20)」「7GB/7日間/777円(提供予定)」追加
  • お友達紹介プログラムで「3GB/30日間」「データ使い放題サービスプロモコード」プレゼント(最大10人まで)
  • #ギガ活のプロモコード抽選プレゼント企画実施中(2022/6/22~9/30)
コメント・質問する記者

維持には「smash.使い放題パック」220円を使うのが最安っす!180日で220円だから約1年で440円で維持できるっす!月額で言うと40円以下っす!

HISモバイル【月額290円で放置可能】

HISモバイル【月額290円で放置可能】

おすすめ2位はH.I.S.Mobile株式会社が提供する格安SIMブランド「HISモバイル」。100MBまでの使用で月額290円維持可能なSIMで、放置でも消えない最安の維持方法です。

楽天モバイルからの乗り換え先「HISモバイル」の維持重視イチオシプランはコレです。

自由自在290プラン
月額料金 290円~550円
使えるギガ数
(通信データ容量)
1GB
くりこし なし
維持条件 なし

HISモバイルキャンペーン情報

  • 電話番号くじで最大5万円抽選プレゼント(2022/7/31まで)
  • 複数回線契約でキャッシュバック最大8250円(5回線)(2022/7/31まで)
  • 新規契約でオンライン「世界一周ツアー」無料招待(先着1000名)
  • 契約者限定「HISモバイル Wi-Fi」レンタルサービス20%オフ(期限未定)
  • 「ジャパンプラスWi-Fi」「HISモバイル」同時契約で3300円キャッシュバック(期限未定)
  • 指定インターネット回線と同時契約で半年分キャッシュバック+回線乗り換え費用提供(期限未定)
  • 国内旅行+ホテル予約で使える2000円引きクーポン特典(2022/10/31まで)
  • iPhone修理のアイサポで修理代金最大10%割引(期限未定)
コメント・質問する記者

100MBまでなら290円で維持できるのでコスパ最強っす!契約自体は1GBまで使えるからデータ容量ピンチのときにサブ回線の役割もできるっす!

OCNモバイル【月額500円で放置可能】

OCNモバイル【月額500円で放置可能】

おすすめ3位はNTTコミュニケーションズが提供する大手格安SIMブランド「OCNモバイル」。新設された最安プランが維持に最適のSIMです。データ通信と無料通話のバランスが維持目的のサブ回線にピッタリになっています。

楽天モバイルからの乗り換え先「OCNモバイル」の維持重視イチオシプランはコレです。

500MB/月コース
月額料金 550円
使えるギガ数
(通信データ容量)
500MB
無料通話 10分相当/1ヶ月
くりこし 1ヶ月
維持条件 なし

OCNモバイルキャンペーン情報

  • 下取りでスマホ購入15000円引きクーポン

終了日:未定

コメント・質問する記者

新設された500MB+無料通話10分コースが維持に最適っす。完全放置じゃなく、たまに使う人に特にピッタリっす!予備回線としてちょっとした用事に使う感じになるっすよ。

【esim対応】おすすめ格安sim3選

esim対応している格安SIMのランキングです。

LINEMO【softbank回線esim】

LINEMO【softbank回線esim】

おすすめ1位はソフトバンク株式会社が提供する大手格安SIMブランド「LINEMO」。ソフトバンク回線のesimが利用可能なSIMで、ソフトバンク回線を取り扱う中では料金が格安です。

楽天モバイルからの乗り換え先「LINEMO」のesim対応イチオシプランはコレです。

ミニプラン
月額料金 990円
使えるギガ数
(通信データ容量)
3GB
回線種類 softbank
かけ放題オプション 5分/550円・無制限/1650円
くりこし なし
便利機能 LINEギガフリーでLINE通話などが無料
esim再発行料金 0円

LINEMOモバイルキャンペーン情報

  • 乗り換えでミニプラン基本料最大半年間実質無料(PayPayポイントで還元、ソフトバンク系列からの乗り換えは対象外)
  • 利用者全員LINE MUSIC6カ月無料
  • 新規・乗り換えで通話オプション割引:1年間550円お得
  • 2回線目以降の追加申込でPayPayポイント3,000円相当プレゼント(ソフトバンク系列からの乗り換えは対象外)

終了日:未定

コメント・質問する記者

ソフトバンク回線のesimが使える格安simの中で最安っす。デュアルシムのスマホにサブ回線として仕込みたい方におすすめっすよ!

日本通信sim【docomo回線esim】

日本通信sim【docomo回線esim】

おすすめ2位は日本通信株式会社が提供する大手格安SIMブランド「日本通信sim」。サブ回線としての役割に特化したSIMで、docomo回線のesimが使えます。通話オプションの融通性があり、使えるサブ回線として人気です。

楽天モバイルからの乗り換え先「日本通信sim」のesim対応イチオシプランはコレです。

合理的「シンプル290プラン」
月額料金 290円
使えるギガ数
(通信データ容量)
1GB
回線種類 docomo/au/softbank
かけ放題オプション 70分無料通話/700円・無制限/1600円
くりこし なし
注意事項 通信量使い切ると通信ストップ
esim再発行料金 1100円

日本通信simキャンペーン情報

日本通信simでは2022年7月現在キャンペーンはありません。

コメント・質問する記者

キャンペーンなどをしない代わりに安さを追求した格安simっす。無料通話70分と1GBで1000円以内という、かなり使えるサブ回線になるっす!通信障害のときの予備回線として優秀っすよ!

Povo【au回線esim】

Povo【au回線esim】

おすすめ3位はKDDI株式会社が提供する大手格安SIMブランド「Povo」。基本0円でau回線のesimが使えるSIMで、着信のみなら0円で運用可能です。

楽天モバイルからの乗り換え先「Povo」のesim対応イチオシプランはコレです。

オンライン専用プラン「Povo2.0」
月額料金 0円
使えるギガ数
(通信データ容量)
基本0GB
回線種類 au
かけ放題オプション 5分/550円・無制限/1650円
注意事項 180日トッピングを購入しないと消滅
端末に電話番号が表示されない仕様
esim再発行料金 0円

Povo2.0キャンペーン情報

  • 期間限定トッピング「1GB/30日間/499円(2022/7/1~7/20)」「7GB/7日間/777円(提供予定)」追加
  • お友達紹介プログラムで「3GB/30日間」「データ使い放題サービスプロモコード」プレゼント(最大10人まで)
  • #ギガ活のプロモコード抽選プレゼント企画実施中(2022/6/22~9/30)
コメント・質問する記者

半年ごとにトッピングを買う維持作業はめんどくさいっすけど、1年間500円でau回線のesimが使えるのはメリットが大きいっす!着信専用サブ回線がほしいならPovo一択っす!

【5G通信対応】おすすめ格安sim3選

5G通信対応している格安SIMのランキングです。

IIJmio【au/docomo回線】

IIJmio【au/docomo回線】

おすすめ1位は株式会社インターネットイニシアティブが提供する大手格安SIMブランド「IIJmio」。5Gを筆頭にオプションが豊富かつコスパも良いSIMで、拡張性が高いことで評判です。

楽天モバイルからの乗り換え先「IIJmio」の5G対応イチオシプランはコレです。

ギガプラン
月額料金 850円
使えるギガ数
(通信データ容量)
基本2GB
回線種類 docomo/au
かけ放題オプション 5分/500円・無制限/1400円
くりこし 1ヶ月
便利機能 容量シェア最大10回線・au/docomo回線をまたいで可能(ギガプラン専用)
容量プレゼント機能(ギガプラン同士)
光回線セット割引 660円引き
5Gオプション 無料

IIJmioキャンペーン情報

  • 新規契約またはギガプランへの変更で6ヶ月間300円割引(2022/7/31まで)
  • 新規契約またはギガプランへの変更で通話オプションを6ヶ月間410円割引(2022/7/31まで)
  • 音声対応ギガプランへの乗り換えでスマホ大特価(1人1台まで、2022/7/31まで)

終了日:未定

コメント・質問する記者

5G対応でauとdocomo回線が使える、シェア機能あり、2GB850円。さらにキャンペーンで2GB5分かけ放題で640円を6ヶ月使えるっす!ここまで”何でもあり”の格安simはIIJmioだけっすよ!

LINEMO【softbank回線】

LINEMO【softbank回線】

おすすめ2位はソフトバンク株式会社が提供する大手格安SIMブランド「LINEMO」。ソフトバンクの5G対応回線が利用可能なSIMで、ソフトバンク回線の5Gでは料金が格安です。

楽天モバイルからの乗り換え先「LINEMO」の5G対応イチオシプランはコレです。

ミニプラン
月額料金 990円
使えるギガ数
(通信データ容量)
3GB
回線種類 softbank
かけ放題オプション 5分/550円・無制限/1650円
くりこし なし
便利機能 LINEギガフリーでLINE通話などが無料
5Gオプション 無料

LINEMOモバイルキャンペーン情報

  • 乗り換えでミニプラン基本料最大半年間実質無料(PayPayポイントで還元、ソフトバンク系列からの乗り換えは対象外)
  • 利用者全員LINE MUSIC6カ月無料
  • 新規・乗り換えで通話オプション割引:1年間550円お得
  • 2回線目以降の追加申込でPayPayポイント3,000円相当プレゼント(ソフトバンク系列からの乗り換えは対象外)

終了日:未定

コメント・質問する記者

5G対応のソフトバンク回線が使える格安simっす。ソフトバンク回線の5Gでは最安っすよ!

リンクスメイト【docomo回線】

リンクスメイト【docomo回線】

おすすめ3位は株式会社LogicLinksが提供する大手格安SIMブランド「リンクスメイト」。1GB単位で細かくプランが分かれた5G対応SIMで、docomoの5G対応回線の中では特に安いですよ。

楽天モバイルからの乗り換え先「リンクスメイト」の5G対応イチオシプランはコレです。

リンクスメイト料金プラン
月額料金 770円
使えるギガ数
(通信データ容量)
2GB
回線種類 docomo
かけ放題オプション 10分/935円
くりこし 1ヶ月
便利機能 シェア可能(グループ化・sim追加の両対応)
カウントフリーオプションで特典多数
5Gオプション 無料

日本通信simキャンペーン情報

日本通信simでは2022年7月現在キャンペーンはありません。

コメント・質問する記者

5Gドコモ回線対応の最強クラス格安simっす。最適な通信量が選べるし、かけ放題も安いっす!サブ回線でも良いっすけど、スマホゲーム専用SIMとしても大活躍っす!

楽天モバイルを乗り換えるべき理由

楽天モバイルは2022年現在『安かろう悪かろう』なので、乗り換えることをおすすめします。大きな理由は下記の4つになります。

楽天モバイルの問題点

  • 通話品質が最低レベル
  • 自社だけで通信エリアをカバーできていない
  • 加入者が増えるに連れて改悪が続いている
  • 5Gに繋がりにくい

実感している方も多いかもしれませんが、個人的にも楽天モバイルの利用ではこれらの問題点が特に嫌でした。

楽天モバイルの問題点の詳細解説

楽天モバイルの問題点4つを詳しく解説していきます。まずはプラン内容を確認しましょう。

楽天アンリミット7
  • 3GBまで1078円
  • データ利用最大でも3278円
  • 専用アプリ「Rakuten Link」でかけ放題(通話無料)

プラン自体は他の大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に引けを取らないコスパです。4つの問題点が気にならない方は乗り換えなくてもいいでしょう。

しかしながら、この4つの問題点が通信会社としては致命的なため、乗り換えたほうが良いんです。

プラン内容の説明だけではわからない、実際の楽天モバイルユーザーだけが体感する致命的な問題点を詳しく解説します。

通話品質が最低レベル

楽天モバイルは通話品質が非常に悪いことで有名です。通話中に1秒程度の音飛びが頻繁に発生するため、会話が成立しません。

これは楽天モバイル専用のアプリを使っても改善されず、回線自体の問題があると言われています。

自社だけで通信エリアをカバーできていない

楽天モバイルは自社の設備だけで通信エリアをカバーできていません。auの通信設備を借りてなんとかカバーしている状態です。

そのため、2022年7月2日に起こったauの大規模障害で、楽天モバイルユーザーにも通信不能・通話不能の影響が及んでいます。

加入者が増えるに連れて改悪が続いている

楽天モバイルは改悪を続けており、回線利用の停止やユニバーサルサービス料の徴収など、小刻みにユーザー不利な条件が増えています。

今回の【0円廃止】は特にわかりやすく、ユーザー数が増えたために、一気に利益を確保しようという魂胆なのでしょう。

5Gに繋がりにくい

楽天モバイルは5G電波の圏内でも5Gにつながらないことが多々あります。

都市圏では楽天の5G電波設備が強化されているエリアが多いのですが、それでも建物内などではつながらないことが多いと感じていました。

楽天モバイルからのベストな乗り換えタイミング

楽天モバイルから乗り換るベストタイミングは2022年10月中です。

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」は、3GBまでの利用が月額980円となり、以前の【1GBまで0円で利用可能】が廃止されます。

プランの変更自体は2022年7月からになりますが、楽天ポイントの付与で2022年10月末まで【実質0円】というキャンペーンが実施されています。

なので10月中に乗り換えるのが一番損しない方法になります。

ただし、楽天モバイルの【0円プランの廃止】に伴って、モバイル通信会社が一斉に「楽天ユーザー剥がしキャンペーン」を開催しています。

「月額料金を6ヶ月間大幅割引」など、かなりお得ですが、キャンペーンの期限が10月末よりも早い場合があります。早めにチェックしておくのが良いでしょう。

「Rakuten UN-LIMIT VII 実質0円キャンペーン」の注意点

「Rakuten UN-LIMIT VII」になったあとの「期間限定実質0円のキャンペーン」には落とし穴があるので、要注意です。

「Rakuten UN-LIMIT VII」のプランは3GBまで980円での提供ですが、実質0円となるのは1GBまでの利用に限定されます。

1ヶ月間の利用が1GBを越してしまうと実質0円のキャンペーン対象外となるので注意してください。

楽天モバイルからの乗り換え(MNP転出)方法

楽天モバイルからの乗り換え(MNP転出)の手順をまとめました。

楽天モバイルからの乗り換え方法

  1. MNP予約番号の発行
  2. 乗り換え先の格安SIMで契約手続き
  3. SIMカードが到着
  4. 回線設定・切り替え(APN設定など)
  5. 格安SIMのプランで開通完了

①MNP予約番号の発行

MNP予約番号は「my楽天モバイル」のWEBページから24時間取得できます。MNP予約番号は発行後15日間の有効期限となりますのでご注意ください。

「メニュー」→「契約プラン」→「その他のお手続き(手続きへ進むをクリック)」→「他社へのお乗り換え(MNP)」→「MNP予約番号を発行する」の手順で発行されます。

②乗り換え先の格安SIMで契約手続き

お好みの格安simのサイトでMNPによる契約手続きを進めましょう。

この際、身分証やMNP予約番号などの入力が必要となるので、予め用意しておいてください。

無事契約手続きが完了するとSIMカードが発行されます。

③SIMカードなどが到着

プラスチックSIMであれば数日~1週間程度で郵送で届きます。殆どの場合、配達員からの直接手渡しとなりますので、自宅で待機が必要になります。

esimであれば、数営業日内に契約完了してすぐにダウンロード可能になります。

SIMカードが到着したら使いたいスマートフォンやiPhoneに挿入したりesimをダウンロードしたりしましょう。

④回線設定・切り替え(APN設定など)

SIMの導入が完了したら、次は格安SIMが提供しているAPN(インターネット接続設定)を確認して設定していきましょう。

通話機能はSIMを挿したりダウンロードした時点で使えるようになります。

※デュアルSIMタイプのスマートフォンやiPhoneなどは本体設定で2枚めのsimを有効化する必要があります。

⑤格安SIMのプランで開通完了

APN設定が完了すればインターネット接続が可能になり、開通成功です。

楽天モバイル乗り換えにかかる費用

「楽天モバイルからの乗り換え」にかかる費用総額は0円です。

楽天モバイルには最低利用期間などがなく、違約金などはありません。

また、MNP転出にかかる費用も0円となっています。

転入先の格安SIMによってはMNP転入費用や事務手数料などがかかる場合があります。転入先の格安SIMのプランや料金詳細をご確認ください。

楽天モバイル乗り換えの注意点

楽天モバイルから乗り換えをする際に注意しておきたいことをまとめています。

乗り換え注意点まとめ

  • 乗り換え先は音声通話対応SIMのみ可能
  • 乗り換え後は楽天ポイントの還元率が下がる
  • 楽天モバイルのオプション解約に注意
  • 楽天ひかりの1年無料キャンペーンは継続

乗り換え先は音声通話対応SIMのみ可能

楽天モバイルは音声通話対応のSIMプランのみが提供されているため、MNP(マイナンバーポータビリティ)制度を使った乗り換えのみが可能です。

そのため、乗り換え先は自動的に音声対応SIMのプランのみとなり、データ専用やSMS対応SIMなどのプランには乗り換えできませんのでご注意ください。

もし電話番号が不要であれば、MNPせずに解約し、解約後にデータ専用SIMやSMS付きSIMで新規契約をするのも悪くありません。

解約の際はLINEやGoogle、Yahoo、TwitterなどのSMS認証が必要なアカウントに使用していないか予め確認しておきましょう。確認せずに解約してしまうとログインができなくなってしまう可能性があります。

乗り換え後は楽天ポイントの還元率が下がる

楽天モバイルはスーパーポイントアッププログラムの対象となっており、乗り換えることで最大300%のポイントアップがなくなります。

楽天市場でのお買い物が多い人などには少なからず影響が出る可能性があるので、要注意です。

楽天モバイルのオプション解約に注意

楽天モバイル本体の解約を行っても、オプション契約が残っている可能性があります。

オプション解約の注意点

  • 「スマホ交換保証プラス」
  • 「故障紛失保証 with AppleCare Services」
  • 「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」
  • 「あんしん保証with AppleCare Services for Apple Watch」

この4つは楽天モバイルの通信契約が解除されてもオプションサービス解約にならないため、手動で解約する必要があります。

楽天モバイルのオプションの手動解約方法

楽天ひかりの1年無料キャンペーンは継続

楽天モバイルの契約中に楽天ひかり(自宅インターネット回線)を契約していた場合、楽天モバイルを解約しても1年間の無料キャンペーンは継続します。

楽天モバイルから乗り換えたからと言ってインターネット回線の料金が突然発生することはありませんので、ご安心ください。

楽天モバイルからの乗り換えでよくある質問

楽天モバイルからの乗り換え時にSIMカードの返却は必要ですか?

楽天モバイルから乗り換えした場合、SIMカードは楽天モバイルに返却する必要があります。包装や送料はユーザー負担となります。ただし返却しなかったとしても罰則や弁償などはありません。

楽天モバイルのMNP予約番号は電話で発行してもらえますか?

楽天モバイルではMNP予約番号の発行はWEB(my楽天モバイル)でのみ受け付けています。電話や店舗でMNP予約番号の発行は行っていません。

楽天モバイルからの乗り換えにはどのくらい時間がかかりますか?

乗り換え先でのSIM契約がプラスチックSIM(郵送で届く)であればおよそ2週間程度、esim(ダウンロード式)であれば早くて1日程度で完了します。