筋トレ

おすすめの可変式ダンベル12選を紹介!種類別の特徴から重さの選び方まで紹介

おすすめの可変式ダンベル12選を紹介しています。パワーブロック、フレックスベル、ボウフレックス、スクリュータイプ等可変式ダンベルの種類から重さの選び方まで紹介していますので可変式ダンベル選びの参考にご覧ください。

おすすめの可変式ダンベル12選

人気のおすすめ可変式ダンベルを12選を紹介!後悔しない為の選び方やダンベル毎の気になる口コミも紹介しています。

人気のパワーブロックやフレックスベルもランクイン中です。可変式ダンベルが気になる方は是非最後までご確認下さい。

フレックスベル(新型) 2kg刻み

フレックスベル(新作) 2kg刻み
フレックスベル(新型)のおすすめポイント

フレックスベルを買うなら新型の2kg刻みをお選び下さい。2kg刻みですので初心者から中級者までしっかり扱える重さとなっています。最大32kgなので上級者には少し軽いのですがそれ以外は問題点がありません。かっこいいのに使いやすい!間違いなくダンベル業界を変えた商品でしょう。私自信も購入したのですがとても気に入っています。

フレックスベル(新型)の詳細
商品名 フレックスベル(新型) 2kg刻み
価格 59800円
重さ・数 32kg、2個
調節 16段階
おすすめ 初心者・中級者

フレックスベル 4kg刻み(旧型)

フレックスベル
フレックスベル(旧型)のおすすめポイント

片手で重さを変える事が出来るフレックスベル。利便性だけで言えばボウフレックスより優れています。フレックスベルの人気の要因は利便性だけでなく見た目がかっこいい事にもあります。間違いなく今販売されている可変式ダンベルの中で3本指に入るかっこよさです。
問題点があるとすれば4kg刻みの為重さを上げるタイミングが難しいので初心者向きではない事と、プレートの角に丸みが無いのでオンザニーする時に角度によっては痛い事くらいでしょう。

フレックスベル(旧型)の詳細
商品名 (旧型) 4kg刻み
価格 51500円
重さ・数 32kg、2個セット
調節 9段階
おすすめ 中級者

パワーブロック

パワーブロック
パワーブロックのおすすめポイント

マッチョ達の間で知らない人はいないくらい有名な可変式ダンベル!ピンを付け変えるだけで重さが変わるので1~2秒で重さを変える事ができます。メリットとしては他の可変式ダンベルに比べて横幅が狭くダンベル同士がぶつかりにくく、また横が平らな為オンザニーもしやすくなっています。問題点と言えば持ち手が狭い事とカチャカチャうるさい事で、後は欠点の無い可変式ダンベルと言えるでしょう。

パワーブロックの詳細
商品名 パワーブロックSP50
価格 64,364円(amazon)、64,900円(楽天)
重さ・数 23kg、2個セット
調節 9段階(5ポンド刻み)
おすすめ 初心者・中級者
商品名 パワーブロックSP EXP 90LB
価格 128,700円(amazon)、128,700円(楽天)
重さ・数 41kg、2個セット
調節 27段階(2.5~5ポンド刻み)
おすすめ 中級者・上級者

MRG 可変式ダンベル

MRG 可変式 ダンベル 26kg
MRG可変式ダンベルのおすすめポイント

パワーブロックと基本的な構造は同じとなっています。価格は本家の約半分で不安がられる方もいますがamazonの評価を見る限り「ホームトレーニングには十分」と言う方が多いようです。パワーブロックはちょっと高いな・・・そんな方におすすめのパワーブロック型の可変式ダンベルになります。高いから買えないでは何も進まないのでまずは手が出やすい価格から始めるのもありだと思います。重さは26kgですので中級者までは十分に対応できる重さになっています。

MRG可変式ダンベルの詳細
商品名 MRG 可変式 ダンベル 26kg
価格 22800円(楽天)
重さ・数 26kg、2個
調節 24段階
おすすめ 初心者・中級者

FIELDOOR 可変式ダンベル

FIELDOOR 可変式 クイックダンベル
FIELDOOR 可変式ダンベルのおすすめポイント

旧型のパワーブロックと瓜二つなFIELDOOR 可変式ダンベル。パワーブロックの40kgはセットで12万円を超えますが、クイックダンベルなら2個セットで4万1600円と格安です。重さも27段階出来ますので最終目的が上級者を目指す初心者の方にもおすすめ出来ます。見た目は多少古臭いのですがそれ以外はかなり優秀と言えます。

FIELDOOR 可変式ダンベルの詳細
商品名 FIELDOOR 可変式 クイックダンベル
価格 38940円(楽天)
重さ・数 40kg、1個
調節 27段階
おすすめ 中級者・上級者

ボウフレックス

ボウフレックス
ボウフレックスのおすすめポイント

このタイプの可変式ダンベル(アジャスタブルダンベル)の元祖でありボウフレックスこそ本物となっています。ダイヤル式で数秒で重さを変える事が出来ます。重さ調整も15~17段階になっていますので幅広い種目をこなす事が出来ます。41kgの場合重さの調整は4,7,9,11,13,16,18,21,23,25,27,30,32,34,36,39,41kgから選べますのでトレーニングしやすくなっています。ボウフレックスタイプの安価な可変式ダンベルが多く出回っていますが、間違いなくボウフレックスの品質が一番となっています。

ボウフレックスの詳細
商品名 ボウフレックス(Bowflex) SelectTech 24kg
価格 76978円(楽天)
重さ・数 24kg、2個
調節 15段階
おすすめ 初心者・中級者
商品名 ボウフレックス(Bowflex) SelectTech 41kg
価格 136400円(amazon)
重さ・数 41kg、2個
調節 17段階
おすすめ 中級者・上級者

東急スポーツオアシス 可変式ダンベル

東急スポーツオアシス 可変式ダンベル
東急スポーツオアシス 可変式ダンベルのおすすめポイント

フレックスベルの20kg版が東急スポーツオアシスより販売されています。32kgもいらない方におすすめなのですが、4kg刻みなので初心者向きではありません。

東急スポーツオアシス 可変式ダンベルの詳細
商品名 東急スポーツオアシス 可変式ダンベル 20kg
価格 39800円(楽天)
重さ・数 20kg、2個セット
調節 6段階
おすすめ 初心者と中級者の間

MRG 「nondata」 可変式ダンベル

MRG 「nondata」 可変式ダンベル
nondataのおすすめポイント

片手で簡単に重さを変えられるMRGの可変式ダンベル。

重さは片方1.1kg~5.7kgの五段階調整になっており筋トレ初心者の女性や高齢者の方にぴったりの重さになっています。お値段が少し高いのですが可変式ダンベルは利便性・収納面に優れていますので長い目で見ると必ずプラスになります。見た目はあまりかわいくないのですが、女性向けの重さの可変式ダンベルの中でトップクラスに扱いやすい商品だと言えます。

nondataの詳細
商品名 MRG 「nondata」 可変式ダンベル
価格 28800円
重さ・数 5.7kg、2個セット
調節 5段階
おすすめ 初心者(女性・高齢者向け)

IROTEC アイアンダンベル (片手20KG)

IROTEC(アイロテック) アイアン ダンベル (片手20KG×2)
おすすめポイント

スクリュー式の可変ダンベルなので付け替えこそ面倒なのですが、片手5kg・7.5kg・10kg・12.5kg・15kg・20kgに調整可能で中級者向けの重さになっています。ダンベルの費用を少しでも抑えたい方はIROTEC(アイロテック) アイアン ダンベル (片手20KG×2)がお勧めです。※初心者には若干扱いにくい重さになっています。

IROTEC(アイロテック) アイアン ダンベル (片手20KG×2)の詳細
商品名 IROTEC(アイロテック) アイアン ダンベル (片手20KG×2)
価格 12100円
重さ・数 5kg×4、2.5kg×4、1.25kg×2、2.5kg、シャフト×2
調節 6段階
おすすめ 中級者

IROTEC アイアンダンベル (片手42.5KG)

IROTEC(アイロテック) アイアン ダンベル 42.5KGセット
IROTEC アイアンダンベル (片手42.5KG)のおすすめポイント

スクリュータイプの可変式ダンベルでおなじみのIROTEC(アイロテック) 。

とにかく安いのがメリットで、42.5kgが1万5400円で買うことが出来ます。ダンベルプレスなどの高重量種目向けで中級者・上級者向けの重さになっています。5kg単位ですので細かい調整が出来ないのが難点なのですが、アイロテックなら追加で1.25kg等細かい重さのプレートも購入する事も可能となっています。

IROTEC アイアンダンベル (片手42.5KG)の詳細
商品名 IROTEC(アイロテック) アイアン ダンベル 42.5KGセット
価格 15400円
重さ・数 5kgプレート8枚、2.5kgシャフト1本
調節 4段階
おすすめ 中級者・上級者

IVANKO SDIBPNEZ-40kgセット

FIELDOOR 可変式 クイックダンベル
出典:楽天
IVANKO SDIBPNEZ-40kgセットのおすすめポイント

IVANKOと言えば超有名メーカーで品質の高さはまず間違いありません。確かにお値段も高く最近のダンベルに比べたら重さの変更が面倒なのですが品質重視の方はIVANKOのダンベルが一番でしょう。最高品質のダンベルをお探しの方は是非!!!

IVANKO SDIBPNEZ-40kgセットの詳細
商品名 IVANKO イヴァンコ 社製 SDIBPNEZ-40kgセット
価格 35200円
重さ・数 20kg、2個
調節 6段階
おすすめ 中級者

アジャスタブルエクササイズダンベル

アジャスタブルエクササイズダンベル
アジャスタブルエクササイズダンベルのおすすめポイント

重さはMAX2kgですので筋トレと言うよりはエクササイズに向いています。ダンベル内のウェイトを出し入れする事により重さの微調整が可能になっています。

普段まったく運動されていない方にお勧めです。

アジャスタブルエクササイズダンベルの詳細
商品名 エクササイズアジャスタブルダンベル
価格 2420円
重さ・数 2kg、2個
調節 5段階
おすすめ 初心者・高齢者

可変式ダンベルの種類とメリット・デメリット

ダンベル4種類

可変式は大きく分けると「パワーブロック型」「ボウフレックス型」「フレックスベル型」「スクリュー型」の4種類に分かれます。

万能な可変式ダンベルは存在しないので、メリット・デメリットを確認して自身に合った可変式ダンベルをご購入下さい。

フレックスベル型のメリット・デメリット

フレックスベル型とは片手で重さの変更が可能なダンベルの代表的な商品名になります。片手で重さを変える事が出来るので他の可変式ダンベルに比べてスムーズに重さの変更が出来ます。利便性だけでは無く見た目がシンプルでかっこいいのも特徴です。

フレックスベル(新作) 2kg刻み
商品名 フレックスベル(新型) 2kg刻み
価格 59800円
重さ・数 32kg、2個
調節 16段階
おすすめ 初心者・中級者
フレックスベル型のメリット
フレックスベル型のメリット
  • 片手で重さが変えられる
  • 時間を節約できる
  • かっこいい
  • 値段もお手頃

フレックスベル型の最大のメリットは片手で重さを変えられる点です。短時間で重さを変えられるので時間の面でも精神的な面でもプラスに働きます。ダンベル選びに迷ったらフレックスベル型を選ぶ事をおすすめします。

片手で重さが変えられる

可変式ダンベルの中で最もストレス無く重さを変える事が出来るのは間違いなくフレックスベル型でしょう。長い目で見たとき片手で重さを変えられるフレックスベル型には大きなメリットがあると言えます。

かっこいい

フレックスベル型はそこまで目立ったメリットは無いのですが、それを埋めてしまうくらいにデザイン性が良くなっています。インテリアに強いこだわりのある方はフレックスベルをお選び下さい。

値段もお手頃

フレックスベルは正規品で32kg2個セットが5万円程で購入する事ができます。これは他の正規品(パワーブロックやボウフレックス)に比べると安いのは確かです。

フレックスベル型のデメリット
フレックスベル型のデメリット
  • 重さの調整幅が狭い
  • オンザニーが痛い
  • グリップが太いく滑りやすい
  • 高重量の際横幅が広くなる

一見完璧に見えるフレックスベル型ですが、デメリットも多々あるので必ずご確認下さい。特に旧型のフレックスベルは4kg単位でしか重さを変える事ができないのでご注意下さい。

重さの調整幅が狭い

旧フレックスベルの重さは4kg単位でしか重さを調整出来ないので種目によっては使いにくくなっています。ただし新型のフレックスべるは2kg単位で重さを変えられ使いやすくなっています。

オンザニーが痛い

フレックスベル自体の形は丸いのですが、エッジはそこそこ鋭角で注意しないと大腿四頭筋にダンベルが食い込みます。角度さえ間違えなければオンザニーしやすいのですが角度を間違えると一気に地獄と化します。

グリップが太いく滑りやすい

ボウフレックスのグリップは太くて滑りやすいので手が小さい方には少し扱いにくくなっています。グリップの幅も狭いのでサムレスグリップも難しくなっています。

高重量の際横幅が広くなる

ダンベルの横幅が広くなるほど出来ない種目が増えてきます。フレックスベル型は重量が上がるほど横幅が増えるので高重量を扱われている方は注意が必要です。

パワーブロック型のメリット・デメリット

パワーブロック型はパワーブロックと呼ばれる人気可変式ダンベルになります。ピンを差し替えるだけで重さが変わるので可変時間は僅か数秒となっています。

パワーブロック
商品名 パワーブロックSP50
価格 64,364円(amazon)、64,900円(楽天)
重さ・数 23kg、2個セット
調節 9段階(5ポンド刻み)
おすすめ 初心者・中級者
商品名 パワーブロックSP EXP 90LB
価格 128,700円(amazon)、128,700円(楽天)
重さ・数 41kg、2個セット
調節 27段階(2.5~5ポンド刻み)
おすすめ 中級者・上級者
パワーブロック型のメリット
パワーブロックのメリット
  • 横幅が狭い
  • 重さの調整幅が広い
  • コンパクト
  • オンザニーしやすい

パワーブロックは可変式ダンベルの原点であり頂点でもあります。細かな点で難がありますが、本気でも筋肉を鍛えるならパワーブロック型が一番です。筋トレ上級者になる予定の方はパワーブロックを選びましょう。

横幅が狭い

パワーブロックはダンベル自体の横幅が狭くぶつかる心配が無いので最後までしっかり負荷を与える事が出来きます。実際に横幅が狭い方が出来る種目は増えます。

重さの調整幅が広い

パワーブロック型は重さの微調整が可能な為トレーニングがしやすくなっています。パワーブロック40.8kgの場合1.8kg~40.8kgの間で27段階調整が可能です。

コンパクト

パワーブロック型は専用の台座が無い為他の可変式ダンベルに比べ省スペースで収納する事ができます。

オンザニーしやすい

パワーブロックは真横が真っ平で面積も広い為、オンザニーがやり易くなっています。高重量でプレス系の種目をされる方はパワーブロック型がやり易いでしょう。

パワーブロック型のデメリット
パワーブロックのデメリット
  • 高い
  • 手首が窮屈
  • 重さが分かりにくい
  • カチャカチャうるさい
  • ピンが引っかかる事もある

筋肉を鍛える面で言えば最強のパワーブロックですが、値段が高い、カチャカチャうるさいなどデメリットもあります。一人暮らしならよいのですが、家族持ちの方は少し注意した方が良いでしょう。

高い

品質が良い以上仕方無いのですが、本系のお値段は40kgのセットで約13万円もしますのである程度覚悟ないと購入する事ができません。

手首が窮屈

構造上四角い穴に手首を入れていますので角度によってはぶつかったり窮屈に感じる事があります。

重さが分かりにくい

パワーブロックの場合重さの表記がポンドになっている為なれるまでは頭の中で変換する必要あります。初めの内は多少混乱するのは事実です。

カチャカチャうるさい

サイドレイズなどダンベルを振り回す種目の場合必ずカチャカチャと音を立てます。音に敏感な家族(受験生等)がいる方は注意が必要です。

ピンが引っかかる事もある

アームカールなどでピンがズボンに引っかかることがありますが、注意していれば問題はありません。

ボウフレックス型のメリット・デメリット

ボウフレックス型とはボウフレックスと呼ばれるダイヤル式の可変式ダンベルになります。ダイヤルを回すだけで重さが変わるので可変時間は僅か数秒となっています。

ボウフレックス
ボウフレックス
商品名 ボウフレックス(Bowflex) SelectTech 24kg
価格 35,998円(amazon)
重さ・数 24kg、1個
調節 15段階
おすすめ 初心者・中級者
商品名 ボウフレックス(Bowflex) SelectTech 41kg
価格 63,148円(amazon)
重さ・数 41kg、1個
調節 17段階
おすすめ 中級者・上級者
ボウフレックス型のメリット
ボウフレックス型のメリット
  • 安い(本家以外)
  • 握りやすい
  • 重さ調整がしやすい
  • 無難

ボウフレックス型は偽物が多く、本家ボウフレックス以外は全て偽物になります。偽物を勧める気はないのですが偽物でも質が良い物が多く本家より売れているのが現状です。

安い(本家以外)

ボウフレックス型はMRG、サンパーシー、4WD、クレア、RIORES等多くのメーカーがを出しており価格競争が激化しています。セール中であれば24kgセットが2万円で売られている事も実際にあります。しかしどれも無許可な偽物になります。

握りやすい

ボウフレックス型の握る箇所は開放的で、グリップの太さも太すぎず細すぎず握りやすい太さとなっています。

重さ調整がしやすい

重さ調整がしやすい
ボウフレックスは基本的にkg表記になっているので迷う事無く重さを決める事が出来ます。パワーブロック型はポンド表記なのでなれるまで苦労します。

無難<

ずば抜けて良い点は無く、ずば抜けて悪い点も無いのがボウフレックス型のメリットだと言えます。(使いやすい)

ボウフレックス型のデメリット
ボウフレックス型のデメリット
  • 横幅が長い
  • 専用の台座が必要
  • 重さを変える時に集中しなければならない

ボウフレックス型はフレックスベル型、パワーブロック型と比べると利便性でのデメリットが目立ちます。特に横幅が長いのが問題で、種目によっては出来ないものも出てきますので筋トレ上級者向きとは言えません。

横幅が長い

ボウフレックス型の最大のデメリットは横幅が長い事です。横幅が長い分バランスが取りにくく、更に出来ない種目も出てきます。特にプレス系はやりにくいのでご注意下さい。

専用の台座が必要

専用の台座がいる為パワーブロックに比べるとどうしても場所を取ります。

専用の台座が必要

重さを変える時に集中しなければならない
ダンベルを台座にハメる時、集中しないとうまくハマりません。無理やりハメ込む事も出来ますが台座に負荷がかかり壊れてしまいます。実際私の台座は1つ壊れておりかなり使いづらくなっています。

スクリュー型のメリット・デメリット

スクリュー型のダンベルは低価格で購入しやすいのですが、他の可変式ダンベルに比べて重さの調整に時間がかかります。

IROTEC(アイロテック) アイアン ダンベル (片手20KG×2)
商品名 IROTEC(アイロテック) アイアン ダンベル (片手20KG×2)
価格 12100円
重さ・数 5kg×4、2.5kg×4、1.25kg×2、2.5kg、シャフト×2
調節 6段階
おすすめ 中級者
スクリュー型のメリット
スクリュー型のメリット
  • 安い

スクリュー型のメリットは安いのみとなります。他の可変式ダンベルに比べるとメリットは少ないのですが購入しやすいので筋トレを始めるきっかけになれるはずです。

安い

スクリュー型のメリットは一つで安さです。以上!

スクリュー型のデメリット

複数の種目を1日で行う場合スクリュー型はデメリットしかありません。重さを変える度に時間がかかるので集中力を欠いてしまいます。お金にゆとりのある方はスクリュー型以外の可変式ダンベルをお勧めします。

重さの調整に時間がかかる

スクリュー型の最大のデメリットは重さの調整時間に時間がかかる事です。パワーブロック型なら数秒で終わる所が、スクリュー型なら1分以上かかります。この時間差はかなり大きいと思います。

置き場所に困る

10kg程度なら良いのですが、20kgを超えると台座無しで床に置くと床が凹んでしまいます。プレートを外して置く方法もありますが、プレートがごちゃごちゃしてしまうデメリットが発生します。

留め具が徐々に外れる

ダンベルと扱っていると徐々に留め具が緩んできます。トレーニング中に気が付くとどうしても意識してしまい集中力を欠いてしまいます。

スクリュー型はバーが飛び出ていますのでそのままの状態ではヒザに置く事が出来ません。約半分の面積をヒザに乗せる事は出来ますが慣れるまでに少し時間がかかります。

可変式ダンベルの重さの選び方

可変式ダンベルの多くは24kgタイプと40kgタイプの2種類を販売しています。40kgタイプを購入すれば問題ないのですが、種目によっては20kgタイプで十分な場合もあります。何となくで購入すると後悔するので購入前に種目別の重さもご確認下さい。

筋トレ初心者は20kgタイプで十分

初心者マーク

筋肥大が目的なら40kgのダンベルを選んだ方が良いのですが、筋トレ初心者の方であれば24kgを選んだ方が良いでしょう。

筋トレ初心者の目安を確認する事で、24kgのダンベルの良さが分かります。

筋トレ初心者のダンベル種目と重さ一覧
  • ダンベルベンチプレス(胸):目安10kg~20kg
  • ダンベルフライ(胸):目安5kg~10kg
  • ダンベルベントオーバーロウ(背):目安5kg~10kg
  • ダンベルデットリフト(背):目安5kg~10kg
  • サイドレイズ(肩):目安2kg~5kg
  • ダンベルショルダープレス(肩):目安10kg~15kg
  • ダンベルキックバック(腕):目安2kg~5kg
  • ダンベルカール(腕):目安5kg~10kg
  • フレンチプレス(腕):目安2kg~5kg

40kgのアジャスタブルダンベルは構造上5kgからしか選べません。

一方24kgのアジャスタブルダンベルですと、2.5kg、3.5kg、4.5kg、5.5kgとなっていますので筋トレ初心者の方には扱いやすい重さになっています。

特に肩の種目は低重量から始めますので初心者の方は24kgのアジャスタブルダンベルを選んだ方が良いでしょう。

最低限運動経験のある方は5kgからでも簡単に始める事が出来ます。

ダンベルプレス、ベンチプレスを基準に24kg、40kgのダンベルを選ぶ方法

ベンチプレス

筋トレで大人気な種目と言えばベンチプレスでしょう。

男ならベンチプレスで100kg持ち上げたいものです。

実はこのベンチプレスですが、ダンベルプレスで置き換える事が出来ます。

ダンベルプレス

これはあくまでも理論値ですが

ダンベルプレス10回出来る重さの3倍がベンチプレスで1回持ち上げる事が出来る重さとなります。

仮にダンベルプレスで30kgを10回持ち上げる事が出来れば、90kgのベンチプレス1回を持ち上げる事ができます。

※あくまでも理論値です。

体重が60kgの場合
初心者 34kg
初級者 51kg
中級者 72kg
上級者 96kg
アスリート 123kg

24kgのダンベルは3倍すると72kgですので、24kgのダンベルでベンチプレス中級者までは対応できる事になります。

体重が70kgの場合
初心者 44kg
初級者 62kg
中級者 85kg
上級者 112kg
アスリート 140kg

24kgのダンベルは3倍すると72kgですので、体重が70kg以上の方では初級者までしか対応できません。

体重により目標の重さは異なりますので、ベンチプレスの重さが気になる方は参考サイトをご確認下さい。

参考サイト:ベンチプレスで持ち上げれる平均重量!男性・女性・体重別に詳しく解説

ベンチプレスで100kgを目指している方は間違いなく40kgのダンベルを選んだ方が良いでしょう。

メルカリに売られている可変式ダンベルは偽物が多い

可変式ダンベルメルカリ

メルカリで「可変式ダンベル」と検索すると多くの商品がヒットするのですが偽物が多いのでご注意下さい。

特に多いのがボウフレックスの偽物です。本物と偽物の違いはグリップの部分にBowflexと書かれているかいないかになります。

ボウフレックス

この数年ボウフレックス型の偽物が多く販売されています。ボウフレックス側も対策をと取り、多くの販売業者が偽物の販売を止められています。

その様な経緯もありメルカリの多くは偽物となっています。

偽物はボウフレックスだけではなくパワーブロック型もあります。どちらも見分け方は「Bowflex」や「POWERBLOCK」と企業のロゴが入っているかいないかで見分ける事が出来ます。

最近の偽物は品質も良く偽物でもいいや、と言う人もいます。しかしダンベルとは何年も何十年も使うものでですので多少高くても本物を購入した方が良いでしょう。

基本的にメルカリで売られている可変式ダンベルで1万円、2万円のものは偽物と思った方が良いでしょう。